随時 算数特訓会

  • 小4
  • 小5
  • 小6
算数特訓会

算数は数学の根幹。徹底学習で算数をできるに、そして大好きに

中学生からの数学の根幹は、小学生の算数です。算数では四則計算はもちろんのこと、単位量、比、割合といった数の扱いの基本となる事項が多くあります。加えて文章題は国語の文章読解と算数の理解と応用を同時に求められる問題であり、多くの生徒のつまずきの原因となっています。算数特訓会では計算、文章題、図形の3つのタームに分けて徹底してトレーニングを行います。算数を得意にし、好きにすることは、中学校での数学を苦手にしないための、大きな一歩となります。

日程

随時

期間

1日または2日

申込

必要

費用

無料

POINT

計算・文章題・図形問題とジャンル別に学習

小学生で学ぶ算数は、中学生から学ぶ数学の基礎基本となっています。四則計算は全て小学生で学び、大きな数、小数、分数といった数字の種類に応じた計算を順次マスターします。それらを徹底することで、中学生で学習する負の数(マイナス)や文字、ルートの数の計算に対応する準備をします。文章題は国語の文章読解の要素と、算数の思考力・応用力を問う要素の双方が試されるもので、算数嫌いの大きな壁となっています。ここで苦手意識を持つと数学でのパフォーマンス低下につながる可能性があります。図形問題では文章題だけでは身に付けられないイメージ化のトレーニングを行います。

POINT

反復学習とチェックテストで"わかる"を"できる"に

学習においてやりっ放しは成果につながらず、もったいないだけでなく、自信の喪失にもつながりかねません。学んだその瞬間は”わかった”という状態ですが、それを反復しチェックテストを実施することで、それが真に身に付いて”できる”状態になっているのかを確認します。

POINT

集中した取り組みは、やがて楽しさに、そして自信に

3つのタームに分かれており、全てのタームを学習すると朝から夕方まで取り組むこともあります。初めは生徒・保護者共にやり切れるか不安に感じてしまうようですが、仲間と共に切磋琢磨する環境での集中力はすさまじく、「あっという間だった」という感想を持ってくれます。できると楽しくなり、更に時間は短く感じます。そして長時間の集中した取り組みは、生徒たちに大きな自信を与えます。

参加対象
小学4年生~6年生の塾生を対象としています。外部生の参加も可能です。
参加の流れ
【塾生の場合】
・校舎から特訓会の案内を配布します。
・生徒には授業内にて説明し、保護者には保護者会・面談等にて説明を実施します。
・お申込みには書類の提出が必要です。
【外部生の場合】
・校舎が発行している参加申込書を事前にご提出ください。
・チラシやDMからのお申込みはFAXやメールでも可能です。