プリンス進学院 南大沢校

プリンス進学院 南大沢校

  • 写真:2枚
  • アクセス数:13218
  • 進学塾、予備校、各種学校

プリンス進学院 南大沢校

お申込み・お問い合わせはこちら

042-670-8887

「ホームページを見た」とお伝え頂くとスムーズです

『G.W.の有意義な過ごし方3選』

プリンス進学院 南大沢校

12日前

3度目の緊急事態宣言下で迎えるG.W.ですが、いかがお過ごしでしょうか。

南大沢校では、毎年G.W.の重要性を生徒と確認しています。4月5月は今年度の成長度合いを方向づける「土台」の時期です。特に、このG.W.を有効に活用できたかどうかは、1学期の成果にそのまま直結します。そして、このG.W.をただ漫然と過ごしたのか、有意義に過ごしたのかは、連休明け最初に出会った瞬間に一目瞭然です。

今回は生徒に伝えている『G.W.の有意義な過ごし方3選』を、保護者の方向けにお伝えします。ぜひ、お父さんもお母さんも一緒に、むしろ率先して取り組んで頂だけると幸いです。


1.『生の体験や経験』をできるだけ沢山しよう

自分の身体(五感)を伴った体験と、その体験に基づく経験(学びや思考)は、何物にも代えがたい大切な財産です。人込みが心配で外に出かけにくい世の中ですが、であればこそ、大自然に触れる機会や、アミューズメントパークや商業施設ではなく美術館や博物館などで「非日常の空気感」を味わって頂きたいと思います。お父さんお母さんには共感頂けると思いますが、一見勉強には直結しなさそうな体験が回り回って「学力」につながることは本当によくあります。むしろ、直接は関係の無い点と点を繋げていった先に、面白い気づきや学びがあります。これまで数千名の小中学生と出会ってきましたが、「学力が高い子」は「能力が高い子」というよりも「好奇心や感性が豊かな子」であることの方が多いです。「中3や小6は受験生だから出かけている場合ではない」というご意見もあるでしょうが、部屋にこもってスマホやテレビを漫然と見ているくらいなら、お子さんが少々渋っても連れ出してあげて「体験」という「未来の財産」をプレセントしてあげて欲しいです。非受験学年のお子さんには、心おきなく「体験」を享受してもらいたいです。たとえ外に出られなくても、実際にパンやケーキを焼いてみたり、DIYをしてみたり、できることは沢山あります。お子さんが乗ってくるかどうかを左右する重要な要素は、「お父さんお母さんが、我が子を置き去りにしてしまうくらいワクワクし、没頭し、楽しんでいる」ということです。合理性などは一旦気にせず、無邪気に一緒になってハラハラドキドキしながらチャレンジしてみてください。


2.『読書』をできるだけ沢山しよう

学力の根幹は言語力です。言語力は言語活動量に概ね比例します。読書を通して、様々な表現や感情に出会い、知らず知らずのうちに自分とたくさん対話します。読書はしなければならないものではなく、人生をより豊かにしてくれるものの一つです。読書をたくさんしている子、読書が好きな子は、当たり前ですが読書を「やらなければいけないこと」とは思っていません。読書好きな子に共通しているのは、「読書好きな人や、読書に適した環境が常に身の周りにある」ということです。一番お手頃な動機づけは、お父さんお母さんが、いつでもどこでも本を読んでいる姿を我が子に見せることです。子供たちの行動原則は「親から言われたようにするのではなく、親のしているようにする」です。先述したように、お父さんお母さんが楽しく取り組むことが、お子さんのやってみようにつながります。


3.『予習:復習=1:99』

G.W.中の過ごし方に危機感を持っている生徒が「何をしておくといいですか?」と聞きに来ます。決まって「復習に徹するように」と答えています。今年は教科書改訂もあるので、先々が心配なのでしょう。すると、予習を沢山して貯金を作っておきたくなるのですが、まず確認して欲しいのは、今までに習った単元に穴はないのかということ。知識の暗記も大事ですが、実際に解答できるのかを問題集などを使って確認しましょう。単元ごとのまとめのページや学年のまとめのページなどを活用して、上手に時間短縮をして欲しいと思います。予習について一つだけやっておいて欲しいのは、学校の教科書を音読することです。1周や2周では当然内容を理解するのは困難ですが、5周から10周する間にざっくりと内容がイメージできるようになってきます。その際、マーカーを引いた入り色ペンで書き込んだりせずに、とにかく通読することだけに焦点を当てます。3周目くらいまでは、1回当たりの理解度は期待せず、気楽に進めるのが継続の秘訣です。ぜひ挑戦してみてください。


南大沢校の生徒には、上記3点を伝えながら、G.W.の宿題一覧を配布して、科目ごとに問題集の解くページと復習の仕方を指定しました。「何をやればよいのかわからなかった」とは言わせません。コロナや世の中のせいにして漫然と時間を浪費することなく、この連休を活用して心身ともに成長してくれることを切に願っています。


  • 進学塾、予備校、各種学校

プリンス進学院 南大沢校 教室メッセージ

もっと見る

最近見た教室